ホームエステWEB

エステに1〜2回通う金額で、家庭で気軽に利用できる家庭用エステ機器を紹介します。

 

家庭用エステ機器は多様なものがあり、また家庭でのセルフエステ、エステサロンともに
メリット、デメリットが有りますので、どちらが今の自分に適しているかの検討材料にも
なるかと思います。また、エステサロンの施術で個人的に注目している技術は
ハイパーナイフとキャビテーションです。